天白区シェフ植田
シェフ植田のコンセプト
料理のこだわり
食材を選ぶポイントは、ズバリ自分の目なんです。ほとんどの食材は、業者の持込ではなく直接買いに行っています。だから同じ種類の魚でも、より脂ののった新鮮なものを選ぶことが出来ます。
そして手間を惜しまないこと。メイン料理はもちろん小さな添え物まで下ごしらえをしっかりして手作りしています。雑な仕事をしなければ食材は美味しい料理になり、お客様の笑顔になると思っています。
料理について
シェフ植田のスタイル
シェフ植田は「フランス料理の御食事処」なんです。
若いグループの方から年配のご夫婦まで、本当に幅広いお客様に料理を楽しんで頂いています。無理にワインなんて飲まなくたって良いんです、御食事処なんですから。御食事をワイワイ会話しながら食べられるように夫婦で切り盛りしている、そんな店なんです。
とは言っても、フレンチのコース料理を中心に楽しんで頂くスタイルになっていますので、小さなお子様連れの場合は、予約を承れない事もございます。
スタイルについて
シェフのプロフィール
夫婦2人で御もてなししている為、至らない場合も多々あります。コース料理が中心なので料理をお出しするタイミングに大変気を使っていますが、少々お待たせしても美味しい料理を提供したいと思っています。
オーナーシェフ 植田 正和
名古屋市の昭和高校卒業後、大阪の辻調に入り料理の基本を学ぶ。
卒業後、東京のホテルニューオータニに12年間お世話になりフランス料理にどっぷりつかる。
その後、ヨーロッパ各地(フランス、オランダ、イギリス)を料理放浪しフレンチやそれ以外の料理に刺激を受け、3年後帰国する。
八事マルベリーホテルにて総料理長としてホテルオープンに携わる。
1997年日進市にプルミエールをオープンする。
9年後、夫婦で営める小さな店のスタイルに魅力を感じ、プルミエールを閉店。
2006年6月よりシェフ植田をオープン。
オマール海老